弁護士費用特約 | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

弁護士費用特約

弁護士費用特約は、自分や家族、同乗者が交通事故の被害者となった時にこそ、使うべき保険です。
弁護士費用特約とは、自動車保険における特約の一つで、相手方との示談交渉を弁護士に依頼する時の報酬や訴訟(仲裁・和解)に要する費用300万円を限度に補償するという特約です。
例えば、「信号待ちで駐車中に後方から追突された」交通事故の場合、追突された方に一切の非はなく、相手方の過失が100%となります。この時は、自分の契約している保険会社や保険代理店は動いてはくれないのです。
交通事故で被害者になった時は、加害者側(又は加害者の加入している保険会社)と、被害者本人が行うことになります。交通事故の後処理というのは、なにかと面倒なことが付いて回るものです。
加害者側が、誠意ある姿勢を見せて納得いく慰謝料や示談金を提示してくれれば問題はないですが、相手側が示談に応じなかったり、非を認めないこともあります。
被害者が加害者と直接交渉するとなれば時間的負担や精神的ストレスは図りようがないです。
保険会社との交渉では、保険会社はできるだけ賠償金額(慰謝料・示談金)を少なくしたいと考えます。
それでは泣き寝入りしなければいけないのでしょうか。そんな時に、役立つのは「弁護士費用特約」です。弁護士費用特約を使えば、法律のプロである弁護士に重大事案の損害賠償請求(慰謝料・示談金)などの交渉を保険会社に費用の一部負担してもらい依頼できます。被害者の方は、弁護士費用300万円までは保険会社が弁護士費用を負担してくれますので、自己負担を一部軽くして弁護士に依頼できます。また、弁護士特約を使っても保険料のアップや等級ダウンなどのペナルティはありませんので積極的に弁護士にお願いしてください。保険会社や加害者との面倒な交渉は、すべて弁護士が行います。もし、被害者側に一部過失があっても、弁護士特約は使えます。
被害者側の過失が100%でない限り弁護士特約は使える可能性があります。ご自身が、この弁護士費用特約を使えるか否か、保険証券または保険代理店・加入保険会社にてご確認ください。

トップへ戻る