自賠責保険と任意保険について | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

自賠責保険と任意保険について

自賠責保険と任意保険について

交通事故被害に遭った際には、必ず以下を確認しなくてはなりません。
加害者あるいは加害者車両が加入している保険についてです。
自動車保険は以下の2種類があります。

  1. 自賠責保険
  2. 任意保険(他方任意保険)

《自賠責保険と任意保険の特徴》

 

2種類の保険について詳しく説明いたします。

 

■自賠責保険

 

  • 全員加入しなければならず、加入しない場合には罰則あり。
  • 人身事故のみ適用され、物損事故では保険支払われず。
  • 支払われる損害賠償額(被害者請求の場合)ないし保険金(加害者請求の場合)の額が定額化されている。
  • 示談代行サービスはない。

■任意保険(他方任意保険)

 

  • 加入義務がない。
  • 人身事故にも物損事故にも対応できる。
  • 契約により保険金の額や補償内容が異なる。
  • 示談代行サービス(加害者に代理人として保険会社が交渉するサービス)がある場合あり。

まとめると、自賠責部分が最低限の部分、任意保険が上乗せ部分となります。
また、どちらから先に支払ってもらうのか、については、選択することができます。
自賠責保険は、後遺症部分を除いて120万円が上限の支払金額になっているので、治療費が120万円を超える場合には、治療費は任意保険会社に支払ってもらわなければなりません。
しかし、任意保険会社の治療費の支払が悪い場合には、自賠責保険に被害者請求をして、治療費を確保する必要がでてきます。
また、自賠責保険には調査手続があり、自賠責保険の調査の手続は、「損害保険料率算出機構」(損保料率機構)が調査を行います。
被害者あるいは加害者のどちらかが請求をした場合、自賠責保険会社が書類を整え、都道府県庁所在地等にある「自賠責損害調査事務所」に書類を送付し、同事務所において事故を調査します。
自賠責損害調査事務所は、調査が終了すると、その結果を自賠責保険会社に通知し、その結果に基づき、支払額を確定し請求者に支払うこととなります。

自賠責保険算定基準

jibaiseki

《自賠責後遺障害慰謝料》

被害者請求により、自賠責保険会社から後遺障害分として受け取れる金額
jibaiseki_2

《自賠責保険の重過失減額》

自賠責保険は、被害者救済のための保険であり、被害者の過失が7割未満の場合には、損害賠償額ないし保険金額の減額はありません。

しかし、それ以上の場合は、以下のようになります。

jibaiseki_3

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。

トップへ戻る