後遺症等級と認定保険金額 | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

後遺症等級と認定保険金額

後遺症逸失利益

逸失利益とは、後遺障害を負ったこと、または死亡したことにより、事故前の労働を行うことができなくなり、収入が減少するために失われる利益を意味します。
以下、後遺症逸失利益の解説を行います。

後遺症逸失利益

<認められる金額>

後遺障害による逸失利益は、以下の計算式によって算出されます。
(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数)

<認められる条件>

原則として後遺障害等級認定がなされたこと

基礎収入

①給与所得者

原則として事故前の収入を基礎収入とします。
証明資料としては、事故前の源泉徴収票などが通常用いられます。
もっとも、現実の収入が賃金センサスの平均賃金以下の場合であっても、平均賃金程度の収入が得られる蓋然性があれば、平均賃金を基礎収入とすることもあります。
また、30歳未満の若年労働者においては、全年齢平均の賃金センサスを用いることを原則としています。
これは、後述するように学生の逸失利益算定にあたっては、賃金センサスの平均賃金を用いることとの均衡を図るためです。

②主婦

賃金センサスの産業計・企業規模計・学歴計の女子労働者全年齢平均の賃金を基礎収入とします。
なお、有職の主婦の場合には、実収入が上記の平均賃金以上のときは、実収入に従い、それ以下のときは平均賃金に従うこととされています。
つまり、パート収入がある兼業主婦であっても、通常そのパート収入部分を基礎収入に加える取り扱いはなされないのです。

③個人事業者

原則として事故前年の確定申告額を基礎収入とします。
この点、税金対策のため過少申告しているとの主張は、通常認められないことは、休業損害の箇所で述べたとおりです。
確定申告をしていないときでも、相当の収入があったと認められるときには、賃金センサスの平均賃金を基礎とすることが認められています。

④会社役員

報酬のうち、労務提供の対価部分と利益配当の部分を分けて、労務提供の対価部分のみを基礎収入とします。
基本的には休業損害の基礎収入に準じて考えておけば良いでしょう。

⑤失業者

労働能力及び労働意欲があり、就労の蓋然性があるときは、原則として失業以前の収入を参考として基礎収入が決められます。
ただし、失業以前の収入が賃金センサスの平均賃金以下であっても、平均賃金を得られる蓋然性があれば、男女別の平均賃金によることとなります。

⑥学生、生徒、幼児

原則として、賃金センサスの産業計・企業規模計・学歴計の男女別労働者全年齢平均の賃金を基礎収入とします。
なお、女子の場合は、男女別ではなく、全労働者平均賃金で計算すべきという判例がありますので、その判例に沿って主張すべきです。

⑦高齢者

就労の蓋然性があれば、原則として、賃金センサスの産業計・企業規模計・学歴計の男女別労働者全年齢平均の賃金を基礎収入とします。

労働能力喪失率

労働能力喪失率は、原則として後遺障害別等級表記載の労働能力喪失率に従って決められます。
たとえば、14級の後遺障害では5%の労働能力が喪失されたと考えられます。
また、7級の後遺障害では56%の労働能力が喪失されたと考えられます。
3級以上の後遺障害では100%の労働能力喪失、つまり、労働能力が完全に失われたと考えられているのです。

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。

トップへ戻る