後遺障害別等級表 (2) | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

後遺障害別等級表 (2)

等級 後遺障害 自賠責保険金額 労働能力喪失率
第1級 1. 両眼が失明したもの 3,000万円 100/100
2. 咀嚼及び言語の機能を廃したもの
3. 両上肢をひじ関節以上で失ったもの
4. 両上肢の用を全廃したもの
5. 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
6. 両下肢の用を全廃したもの
第2級 1. 1眼が失明し、他眼の視力が 0.02 以下になったもの 2,590万円 100/100
2. 両眼の視力が0.02 以下になったもの
3. 両上肢を手関節以上で失ったもの
4. 両下肢を足関節以上で失ったもの
第3級 1. 片眼が失明し、他眼の視力が0.06 以下になったもの 2,219万円 100/100
2. 咀嚼又は言語の機能を廃したもの
3. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
4. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
5. 両手の手指の全部を失ったもの
第4級 1. 両眼の視力が0.06 以下になったもの 1,889万円 92/100
2. 咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの
3. 両耳の聴力を全く失ったもの
4. 片上肢をひじ関節以上で失ったもの
5. 片下肢をひざ関節以上で失ったもの
6. 両手の手指の全部の用を廃したもの
7. 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
第5級 1. 片眼が失明し、他眼の視力が 0.1 以下になったもの 1,574万円 79/100
2. 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
3. 胸腹部臓器の機能に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
4. 片上肢を手関節以上で失ったもの
5. 片下肢を足関節以上で失ったもの
6. 片上肢の用を全廃したもの
7. 片下肢の用を全廃したもの
8. 両足の足指の全部を失ったもの
第6級 1. 両眼の視力が0.1 以下になったもの 1,296万円 67/100
2. 咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの
3. 両耳の聴力が耳に接しなければ大声を解することができない程度になったもの
4. 片耳の聴力を全く失い、 他耳の聴力が 40 センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
5. 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
6. 片上肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
7. 片下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの
8. 片手の5の手指又はおや指を含み4の手指を失ったもの
第7級 1. 片眼が失明し、他眼の視力が0.6 以下になったもの 1,051万円 56/100
2. 両耳の聴力が 40 センチメートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
3. 片耳の聴力を全く失い、 他耳の聴力が1メートル以上の距離では普通の話声を解することができない程度になったもの
4. 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
5. 胸腹部臓器の機能に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
6. 片手のおや指を含み3指以上の手指を失ったもの又はおや指以外の4の手指を失ったもの
7. 片手の5の手指又はおや指を含み4の手指の用を廃したもの
8. 片足をリスフラン関節以上で失ったもの
9. 片上肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
10. 片下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
11. 両足の足指の全部の用を廃したもの
12. 外貌に著しい醜状を残すもの
13. 両側の睾丸を失ったもの
第8級 1. 片眼が失明し、又は 1 眼の視力が 0.02 以下になったもの 819万円 45/100
2. 脊柱に運動障害を残すもの
3. 片手のおや指を含み2の手指を失ったもの又はおや指以外の3の手指を失ったもの
4. 片手のおや指を含み3の手指の用を廃したもの又はおや指以外の4の手指の用を廃したもの
5. 片下肢を5センチメートル以上短縮したもの
6. 片上肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
7. 片下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
8. 片上肢に偽関節を残すもの
9. 片下肢に偽関節を残すもの
10. 片足の足指の全部を失ったもの

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。

トップへ戻る