症状一覧 | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

症状一覧

交通事故により発生する具体的な症状について

交通事故・転倒などによる衝撃によって頭と首がムチのようにしなり、前後左右に激しく揺さぶられることにより発生するのがむち打ち症です。むち打ち症では、首の曲げ伸ばしに関与する、首の中央あたりと、首の下のあたりに損傷が多く起こります。

また事故後、2、3日経ってから痛み、しびれ、頭痛、めまい、吐き気などといった症状がでやすいのが特徴です。

以下の症状に思い当たる方は今すぐご相談下さい。

頸椎捻挫(けいついねんざ)

特徴 頚椎捻挫は、局所的なずきずきっとした痛みに加えて首や肩の動きの制限、頭痛を伴う事が多い。
原因 筋肉や腱といった軟部組織が破壊されて、新しい組織に置き換わる際に繊維組織が厚く硬くなり、自由な動きを妨害する事によるとされる。
認定治療院の
治療方針
・RICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)
・早期の局所ケア
・ずれた背骨の調整
・筋・筋膜へのアプローチ・エクササイズ、ストレッチ、日常生活指導 等

椎間関節症候群(ついかんかんせつしょうこうぐん)

特徴 頸部と上腕外側部に疼痛が発症しやすく、ある特定方向(曲げ伸ばし)への運動により痛みが増強する。
原因 滑膜ひだが、背骨の関節の間に挟まれることによりずきずきっとした痛みが発生するとされる。
認定治療院の
治療方針
・RICE処置(安静、冷却、圧迫、挙上)
・関節包や頸部深部筋群のマニュピレーションと牽引
・ずれた背骨の調整
・エクササイズ、ストレッチ等
・日常生活指導(過度の頸部伸展する作業や、活動を控える)

バレー・リュー症候群

特徴 主な症状としては後頭部痛、吐き気、めまい、耳鳴り、眼のかすみ、耳閉感などがある。
原因 頸部交感神経節と血管、斜角筋やその他の頸部筋群の過伸張と断裂・損傷により引き起こされるとされる。
認定治療院の
治療方針
・交感神経の機能回復、血流促進の目的のマニュピレーション
・ずれた背骨の調整
・エクササイズ、ストレッチ等

脊髄障害(せきずいしょうがい)

特徴 左右両側で症状がでやすい。手の脱力や上肢の鋭い疼痛を起こす。同時に神経根症状を呈することもある。
また、下肢に伸びている神経が損傷されて、下肢の痺れや知覚異常を起して歩行困難となる事もある。
原因 椎間板損傷や骨折、脱臼により頚髄が傷ついたり、圧迫されたりする事により起こる。
認定治療院の
治療方針
・病的反射や上位運動ニューロン徴候、筋力低下、固有感覚、振動感検査・保存療法適用の場合はマニュピレーションや生活指導を行う。
お問い合わせはこちら

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。
もしくは0120-018-609までお電話下さいませ。

トップへ戻る