あれっ、なんだか手や足にしびれが… それ、もしかしたらヘルニアかもしれません | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

あれっ、なんだか手や足にしびれが… それ、もしかしたらヘルニアかもしれません

手足のしびれ

交通事故に遭った後、手や足にしびれ感を持つ方がいらっしゃいます。
多くの場合、しびれは神経に何らかの刺激を受けることで発生し、交通事故の衝撃で骨がゆがみ神経を圧迫することで生じます。
今回は、交通事故によってしびれ症状が現れる代表的な疾患をご紹介します。

むち打ち 根症状型

首や肩に衝撃を受けることで様々な症状をもたらすむち打ちですが、ただの炎症・痛みで済むケースもあれば、神経にまで影響を及ぼしてしまうこともあります。
中でも根症状型とよばれるむち打ちは、交通事故のショックで頸椎(首の骨)がゆがみ、骨内を通っている神経の中心部分を圧迫することで手足にしびれや、鈍い痛み・刺すような鋭い痛みを生じさせるのです。
レントゲンにも写りづらい点がむち打ちの発見と治療を困難にしている要因のひとつなので、もし交通事故の後、しびれを感じたら速やかに専門家の診察を受けましょう。

椎間板ヘルニア

人間の背中には脊柱とよばれる骨が存在し、脳と同じ役目を持つ中枢神経である脊髄を守っています。32~34個の椎骨で形成される脊柱の間には、椎間板と呼ばれる軟骨があり、クッションとしての働きを持っています。
この椎間板が交通事故の衝撃でゆがむと、中を通っている神経を圧迫、痛みやしびれ、重症になると麻痺にまで発展してしまいます。

椎間板は頸部と腰部の2か所にあり、頸部の椎間板を損傷した場合は頸椎椎間板ヘルニア、腰部の椎間板を損傷した場合は腰椎椎間板ヘルニアになります。
交通事故では首まわりを傷めるケースが多いため、頸椎椎間板ヘルニアになる方はよくいらっしゃいます。

頸椎椎間板ヘルニア

大きく分けて下記のような2つの症状が、頸椎椎間板ヘルニアにはあります。

 

■肩や手のある一定の部位に激しい痛みが発生します。
たいていの場合、まず寝違えたような後頸部に鈍痛が生じ、次第に手や肩にも痛みが出てきます。

 

■両手にしびれが発生し、箸を使うといった細かい動作がだんだんできなくなっていきます。
徐々につま先もしびれてきて、最終的には歩行が不自由になるほどの麻痺になってしまいます。

 

上記のような頸椎椎間板ヘルニアだと疑わしい症状を自覚したら、速やかに専門家の診察を受けることをおすすめします。
交通事故認定治療院では、接客・施術ともに厳選した接骨院(整骨院)のみを掲載しています。
お客様のご自宅から近い治療院をお待たせせずにご紹介しますので、お悩みの方はぜひ
0037-6030-38347 全国交通事故認定治療院までご連絡ください。

お問い合わせはこちら

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。

トップへ戻る