事故後、踏ん張ると股関節が痛い… それ、交通事故の後遺症かもしれません | 全国交通事故認定治療院 ;

交通事故での治療に関するご相談・各種設定に関して悩みをお持ちの方へ

認定院1000院突破!
交通事故後の身体の不調、違和感を感じていませんか?
むちうち、だるさ、頭痛、痛みを放置すると危険です。
お問い合わせはこちら

事故後、踏ん張ると股関節が痛い… それ、交通事故の後遺症かもしれません

坐骨神経痛

交通事故の後、踏ん張ると股関節に痛みが走る・動かしにくい、といった症状を覚える方は多いのではないでしょうか。
臀部~太ももにかけて、坐骨神経という太い神経が通っています。交通事故の衝撃で腰回りに打撃を受け、刺激を受けることで痛みが発生してしまうのです。
病院などでは、よく坐骨神経痛である、といわれることがありますが実は病名ではありません。坐骨神経に沿って生じる症状を総じて坐骨神経痛と呼ぶのです。
坐骨神経痛を発する疾患として、ヘルニアや変形性股関節症・脊椎変性すべり症といったものがあり、詳しくはレントゲンもしくはMRIで検査することをおすすめします。
交通事故認定治療院に掲載されている接骨院(整骨院)の多くは、交通事故治療に経験豊富な弁護士事務所と提携していますので、お気軽にお問い合わせください。

股関節症

踏ん張ると痛みが生じたり、関節に動かしにくさといった違和感を持つといったものが、股関節症に多い症状です。
女性によくある症状で、主に股関節の発育不全や極度の肥満、そして交通事故治療が適切におこなわれなかった等の原因が挙げられます。
股関節症には、以下のような種類があります。

■変形性股関節症(一次性) 原因がはっきりとしない、主に加齢による股関節症
■変形性股関節症(二次性) 交通事故など、何らかの要因によって生じる股関節症
■脊椎変性すべり症 椎間板などがずれ、下半身に痛みやしびれを起こす症状

交通事故による股関節痛では、変形性股関節症(二次性)である可能性があります。
例えば、不完全な交通事故治療を受け、股関節の靭帯のゆるみを放置したままにして悪化、変形性股関節症になり、慢性的な痛みを抱えることになってしまうのです。

お悩みならば交通事故認定治療院へどうぞ!

加齢や普段の生活習慣によって股関節がすり減り、交通事故の衝撃によって決定的なダメージを受けることで股関節症になってしまいます。
放置しておくと変性が軟骨まで進み、股関節が取り返しのつかないほど損傷してしまう可能性がありますので、交通事故の後、踏ん張ったりすると股関節に痛み・違和感といった症状を自覚された方は、速やかに専門家の診察を受けましょう。
交通事故認定治療院では、接客・治療技術ともに厳選された接骨院(整骨院)のみを掲載していますので、股関節症にお悩みの方も、確実・適格な施術で症状を改善致します。
フリーコールから、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

全国交通事故認定治療院の審査をご希望の院様へ
こちらのフォームより、全項目を入力の上審査ご希望の旨をお送りください。

トップへ戻る